住み慣れた家で療養する在宅医療

今、住み慣れた家で療養する在宅医療が推進されています。
病院の外で行う全てのことをいうので、処方された薬を自宅で飲むこともそうであり、自立度も様々です。
自宅で家族が患者を管理し、医者の訪問治療などを組み合わせると病院とほぼ同じ治療を受けることができます。
自宅で行うため、総合病院などでは一元的に提供されていたものが自宅近くの地域のものに分散されます。
なので月に2~4回の訪問診療や家族がすることが難しい処置やケアを行う訪問看護、自宅で歯科診療を行う訪問歯科診療など様々な担い手がいます。
さらに訪問リハビリテーションにより自宅で機能訓練をすることもできます。
栄養士や薬剤師が自宅に訪問し助言や指導をしてくれるというものもあります。
これらの費用は外来に通うよりは高いですが、入院するより安いです。
かかりつけ医や医師会やケアマネージャーに問い合わせることで最寄りの医療機関を知ることができます。
今、自宅で質の良い治療を受けることができるよう医療は向上しています。