最期は家族に見守られて

死ぬときは畳の上で、そんな願いは誰しもが抱くかもしれません。
そんな、人生最後の願いをかなえるために在宅で医療を受ける体制をあらかじめ整えておかなければなりません。
終末期医療に欠かせないのが、かかりつけ医の存在です。
在宅で最後まで適切な治療を続け、看取るまでの往診を担っていただく医師の存在は無くてはならないものです。
昨今では、大病院による検査治療や入院が増大し、町医者への需要は減少傾向にあると言われています。
そんな今だからこそ、身近なかかりつけ医の存在を見直し、一人に対して一人のマイ医師を確認しておく必要があります。
日ごろから、自分の健康状態について気兼ねなく相談でき、いざというときには大病院へのパイプ役となってくださるかかりつけ医は必須と言えるでしょう。
近年、都市部では町医者不足が社会問題となっています。
誰しもが、最期の時まで、安心して治療を続け家族と信頼のおける医師に見守られながらその時を迎えられるよう、今から準備をしておきたいものです。