在宅医療の特徴と問題点について

「在宅医療」とは通院が困難な患者の自宅に医師だけでなく看護師、薬剤師や理学療法士などが定期的に訪問して診察や治療などのサービスを行うことです。
また、寝たきりの状態であるけれども、病状の進行がゆるやかで介護性の方が重要な場合はこの方法が適しています。
そして、患者の中には「住み慣れた家で養生したい」「自宅で家族に見守られながら人生の最期を迎えたい」という想いから選択するケースもあります。
現在は1ヵ所の病院での長期入院は難しく、また介護施設などへの入所も順番待ちなどで困難なことが多く、選択を余儀なくされる場合も多いようです。
原則的に月2回の定期的な「訪問診療」で診察・採血・点滴などの処置を行います。
また、緊急の場合には24時間365日対応します。
これが急な発熱などで単発的に行う「往診」と大きく違う点です。
病院での長期入院や介護施設とは違い、入院基本料やベッド代などがかからないため経済的にも安く抑えられる場合もあり、国も在宅医療を奨励しています。
とは言え、いくら本人が「自宅で最期を迎えたい」と思っていても、家族の精神的な負担が大きく、専門的な医療や安定した経過観察が望めるため患者の希望よりも病院や介護施設を選択する場合が多いようです。
介護する家族の負担をどのように減らすかが大きなポイントとなりそうです。